実印作成

実印購入の思い出

印鑑と朱肉

私がちゃんとした実印の購入を決めたのは、新居の購入を決めた時でした。それまでは銀行の届出印と同じ物を印鑑登録して使用していましたが、新居購入と言う一大イベントに備え、立派な実印を作るべきだと思い購入しました。それまでは「実印なんて使えればどれでも一緒」と思っていましたし、わざわざハンコ屋さんに行って作るのが面倒だと感じていました。しかし、インターネットで実印について色々と情報収集している内に、実印はネット通販で簡単に購入出来る事を知りました。「実印」と一言で言っても、大きさや、書体、素材等、作れるバリエーションの数の多さに驚きました。値段もお店や素材によってピンキリで購入に至るまではだいぶ悩みました。悩んだ挙句、あまり値段の高くない店でありきたりの感じの実印を購入したのですが、後から届いた実物を見て、「やっぱり一生使う物だし、いい素材を使って、書体、大きさにこだわった物が欲しい」と思い、更にネットで調べて印鑑市場というサイトで再度購入しました。
印鑑市場で作り直した実印は高級感があり、これぞ実印!と言う感じで大変気に入っています。これから実印の購入を考えている方は、ネットで色々と情報収集をした上で、実印こそ一生に一度の買い物!と思って、素材や書体、大きさに妥協せず、良いものを購入して欲しいと思います。また、いざ実印が必要となった時の為に、なるべく早めに作っておく事をお勧めします。

私の実印使用の履歴とこれから

私が実印を作った理由は、相続手続きをするときに必要だったからです。遺産分割協議書に実印を押印し、印鑑証明を付けました。このとき使った実印は、文房具屋の店頭に並んでいるような印鑑を登録して実印としました。当時の私は、実印は大事なことに使うことだけはわかっていたので、将来実印にふさわしい印鑑にしなければならないと考えていました。印鑑登録は住所地で行うわけですが、当時在学していた大学を卒業して住所が変わったら印鑑登録をやり直そうと思っていました。 数年後、自動車登録私が実印を作った理由は、相続手続きをするときに必要だったからです。遺産分割協議書に実印を押印し、印鑑証明を付けました。このとき使った実印は、文房具屋の店頭に並んでいるような印鑑を登録して実印としました。当時の私は、実印は大事なことに使うことだけはわかっていたので、将来実印にふさわしい印鑑にしなければならないと考えていました。印鑑登録は住所地で行うわけですが、当時在学していた大学を卒業して住所が変わったら印鑑登録をやり直そうと思っていました。 数年後、自動車登録のために再び実印を使う時が来ました。そのとき、私は別の市町村に住んでおり、その場で印鑑登録をしていなかったため、印鑑登録をしました。以前は立派な印鑑を登録しようと考えていたものの、前のと同じ印鑑を登録してしまいました。なぜなら、自動車登録に実印と印鑑証明が必要だということを知らなかった私は、前もって実印を用意することができず、時間的余裕がなかったからです。
その後私は、不動産取引と二度目の遺産分割協議で実印を使うことになりましたが、同じ印鑑のままです。私は、実印が重要であることを認識しているので、他のことに使わないことにしています。実印を使う予定ですが、上述した事柄について再び実印が必要になるでしょう。しかし、私の実印はあまりに普通の印鑑なので、次こそ少し立派な印鑑を登録しようと考えています。

作る前に役場での所定サイズを確認

実印を作る時には、実は大きさをある程度限定しておく必要があります。そうでないと、二度手間になってしまう可能性があるからです。そもそも役場に登録する印鑑は、必ずサイズなどは決まっているのです。全てのサイズにて登録できる訳ではありません。例えばある役場の場合は、作成する印鑑は13.5ミリ以上でなければ認められません。したがって12ミリ程度の印鑑などは、役場では認められない訳です。ある程度大きめなサイズにしておく必要があるのですね。
だからといって、大きければ良い訳でもありません。その印鑑には上限もあって、最大18ミリと決められているのですね。ですので20ミリ以上の印鑑を作成しても、役所では認められない事があります。そして、それが原因で二度手間になってしまう事があるのです。例えばある印鑑店にて、とても良さそうな製品を見かけたとします。サイズは20ミリぐらいですが、とても素適な製品なので、そこで作ってもらったとしましょう。ところが実印は、もちろん役所で認めてもらう必要があります。それで作成済みのの製品を窓口で提示したところで、認められない事が多い訳です。上述の理由で、サイズが2ミリオーバーしてしまっているからです。ですので実印を作成する前に、必ず役場で確認を取っておくのが無難と言えます。

実印は妥協せずに自分の理想のものを!

実印は一人一人の身分証明のような大切なものです。実際私も就職が決まった際に何かと使うだろうからと両親から実印を贈られて、大人になった気分と共に、社会人になることへの責任感に、身が引き締まったのを思い出します。このように実印は、就職祝いや成人祝い、新居の購入など、人生の節目やターニングポイント贈り物としていただいたり、自身で作ったりするものですし、それは一度手に入れればよほどのことがない限り、人生の長い期間を自分の身分証明として使用していくものなのです。最近インターネットでも実印を販売している業者が多くなりました。確かにインターネットで購入す…

実印を作る時の手順

実印の作り方は登録用の印鑑を作成してから住民登録している役所に実印登録の手続きをするという形になります。まず印鑑を作成してもらう業者を実店舗にするのか印鑑通販サイトを選びます。今までは実店舗に依頼する事が多かったのですが、最近では印鑑通販サイトの方が手間がかからないという事で人気を集めています。印鑑通販サイトは品揃えが豊富で即日作成も可能という事で利便性が高いというのが人気のようです。印鑑を作成してもらう業者が決まったら次に印鑑のサイズ、素材、書体などを決めていきます。実印のサイズの規定は直径範囲が8~25mmになっているのでほとんどの通販サイトが…

高額な実印

実印を作ったのはかなり前になります。家を建てるときに必要となり作りましたが、苗字と名前の入った大きい印鑑とそれより小さめの名前のみの印鑑、あと三文判の大きさの苗字の三本セットで5万くらいかかりました。アパート暮らしの時はインターン越しに印鑑で運命が変わると訪問販売も来ていましたが、その当時もですがどうして印鑑が運命と関係あるのかよくわかっていません。一生涯の買い物の家などは一度押すと手放さない限り手元に残るものです。印鑑の字がすべてくっついていないとその書類が離れていくことになるとのことでした。訪問販売で購入はしませんでしたが、生涯で一度しかつくら…

女性が実印を作成する時のポイント

実印は住民登録をしている地域に登録している印鑑で不動産の購入など大きな金額が動く時に本人確認証明として必要となる重要な印鑑です。そのため実印は男性が作成するというイメージがありますが女性でも使用する事はあるので作成しておく必要があります。しかし男性と女性では実印を作成するポイントが異なる点もあるのでしっかり覚えておきましょう。実印は大きな金額が動く時に本人確認証明として必要となる重要な印鑑なので偽造防止をしておく必要があります。偽造防止をするにはフルネームで登録する方がいいのですが、女性の場合は結婚したら苗字が変わってしまいます。そのため結…